読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『丁寧な暮らし』を目指して

忙しい中でも、少しでもストレスを感じないよう、工夫して、丁寧な暮らしが出来るように頑張っている日々を残して行きたいのです。

自分と向き合う

はなです。こんにちは!

 

久々の更新ですが、

今回は頭の整理の為に、更新させて頂こうかと。

 

心のモヤモヤが消えないときは

いつも紙にモヤモヤの原因や心の声を

殴り書いて整理をしていたんですが、

 

私も少し現代人に近づいてきたのか、

パソコンで書く方が整理ができるようになってきた気が!

 

スマホのメモ書きを使って書く時もあるんですが、

 

スマホよりパソコンの方が圧倒的に早い。

今の若い子は、スマホの入力がめちゃ早いみたいですね!

さすが、現代っ子。

 

どんどん変化していくのに、

必死で食らいつかなければ!という気持ちはどっかにいってしまいました。

 

流行のファッションにも参考程度に、

頑張ろうっという気持ちと体と心がついていかなくなった。

 

ではなく、ついていけなくなった(笑)ことを認め、

そんな自分もいいなと思うようになってきたのは、

大人になった証拠なのかと。

 

大人っていいな。

20代のころは、とがっていたな。

もう、ジャックナイフのように(笑)

 

馬鹿にされたくない。

人から一目置かれたい。

評価されたい。

憧れられる大人の女性になりたい。

 

そんな思いでいっぱいだった。

誰でも持ち合わせている思いかもしれないけど、

人よりも強かったと思う。

 

小さい頃は親からいい子と思われたくて必死だった。

絵を描くのが好きだった私。

いつしか親に褒めてもらいたくて書くようになっていた。

親が私の絵を上手と褒めてくれた。

それが嬉しかったから必死で書いた。

その後は、親が近所の人に私の絵を自慢するようになった。

だから、母の自慢になるように絵を描いた。

大好きだった趣味のはずが、

母の自慢できる子になりたいという目的にすり替わった。

 

学校でも絵が上手な子だと褒められていた。

学校でも絵画コンクールで入賞することは当たり前だと

思われていた。

だから、必死で書いていた。

 

そして、私が絵が上手だと思いあがるようになった。

誰にも負けてはいけないと思うように。

 

ここからは、本当に苦しかった。

 

もっとうまい絵を描かなければ!と

変なプレッシャーに襲われ、

自分の好きな絵が描けなくなった。

 

私よりうまい人を見ると

強烈な敗北感を味わうようになり、

私に注目が集まらなくなるという思いに襲われ、

上手く書かなきゃということが頭の中をよぎる。

 

そのうち、その浅はかな思いは、審査員に簡単に見透かされ、

受賞することもなくなった。

 

絵を描くことは私にとって、恐怖とプレッシャーの原因になり、

絵を描くことを完全にやめた。

 

小学生の時に味わったこの思いに今もとらわれている。

 

挫折と恐怖だけが心の中にしっかりと刻み込まれている。

 

遠い昔のことだと忘れていたけれども、

今でもトラウマとなっていることに気づかれれる。

子供のころの体験は、こんなにも心に影響があるのかと思うと

ハッとさせられる。

 

私も子供に間違った愛情の仕方をしてはいないか?

母の私に対する愛情だったはずなのに、

子の私にとって、恐怖であり、苦しみの根源だった。

もっと素直な心で単純に受け止めていたら違っていたかもしれないが、

まさか母はそのことで私がこんなにも苦しんでいるとは、思いもしないだろう。

母の純粋な愛情だったはずなのに、

 

母も私と同じ体験を子供のころにしてるのかもしれない。

愛されたい、認められたいと思って育ってきたのかもしれない。

今ではそう思えるようになった。

 

でも、心の傷は消えていない。

友達の話で、

占いで、過去のことに傷ついたことをなくしてくれると

いういものあるらしい。

占いと言えば手相などで未来をみてくれるものばかりかと

思っていたが、

どうやらそれだけではないらしい!!!

このまま引きずってわが子に迷惑をかけてしまうのが

一番怖い。

それだけは避けたいし、いい加減この思いから解放されたい。

試してみる価値はあるかも!

 

少しだけ心が晴れた気がする。

 

 

 

 

 

 

おっぱい辞めるタイミングは?

こんにちは!はなです。

 

一旦公園に行くとなかなか帰えらない娘と

公園に行って、落ち葉だらけになりました。

 

え~帰ろうよ*1と声をかけても帰らない娘を

いかに誘惑の言葉をかけるかで迷っています。

でもそんな時間も愛おしいなと感じています。

 

可愛い娘も日に日に大きくなり、

成長を実感できることが一番の幸せとなっています。

 

そんな娘も2歳になりました。

しかしおっぱい大好きちゃんで、

なかなか卒乳しそうにありません。。。

 

 

お兄ちゃんの時は、6か月で彼から拒否され、

あっという間に卒乳に至りました。

なので、娘も自分のタイミングでやめさせようかなっと

思い、そのままあげています。

 

あげているといっても、昼間は一緒にいないので、

朝と夜だけ。

 

市町村で行われる母親学級で、

まだあげてるんですか?いつやめさせるんですか???

とびっくり気味で言われます。

そういう専門家の方に

一歳過ぎたら栄養がなくなるとか、

二歳になる前にはやめさせるべきとか

歯並びが悪くなるとか

真顔で言われると、悪いことをしているような

感覚になります。

 

色々な情報が飛び交っていますが、

WHOのガイドラインでは二歳以上でも与えていいと

書かれているし、世界の卒乳の平均は4歳くらい!!

までという記録あるそうで、

結局その子と環境次第なんだなっと

理解しています。

 

その家での独自のルールがあるように

親と子供が一番ベストで選択してよい。

人間の生活なんて、そんなものですよね。

 

こうあるべき。という

規制概念にとらわれて、それから離れると

ダメな親だと言われるような気分になってしまう。

 

私もおにいちゃんの時は色々な人の意見に

翻弄されていたように感じます。

 

そんなことに疲れて

「どうでもいいや」

と開き直った瞬間、

ストレスから解放されました。

今でも実家に行くと、抱っこしすぎはいけない

とか怒られますが、

「だって可愛いんだもん」

とうまくかわせるようになりました。

 

育てているのは私だから。

 

母乳をあげていると

いまだに夜中何度も起こされます。

きついなっと正直思うこともありますが、

必死におっぱいをくわえている姿を見ると

可愛くって、

娘の睡眠時間が足りなければ、お昼寝でまかなえばいいか

と開き直ってます。

私はショートスリーパーなので、そんなにきつくないですし。

 

それに、今日も仕事から帰ってくると、

笑顔で

「パイく~だしゃい(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

と駆け寄ってくる娘を見て、

元気をもらっています。

 

今は、私たちをつなげる大切な絆でもありますし、

いつ離れるのか娘の成長を楽しみたいと思います。

 

 

 

*1:+_+

大切な子供~娘ちゃん

こんにちは!はなです。

 

正月休みからなかなか抜けることができません。

これを現実逃避というんですね(笑)

 

寒いとお布団が恋しい。

夏場の早起きはなんちゃない私ですが、

冬は明るくなるのが遅いから、まだまだ寝たくなります。

明るくなったら起きるという動物の本能のまま生きてますが、

冬はそうは行きません。

なかなか布団から出れないという、

この長い闘いはまだまだ続きそうです。

 

今日はかわいい娘ちゃんのお話し。

 

女の子かわいいですよね~(●´ω`●)

しかも、お兄ちゃんと11歳離れているものだから、

気分は孫のよう。

目に入れても痛くない!

甘やかしています。絶好調甘やかせ中。

お兄ちゃんには、すぐ怒ります。

もう怒れる意味がわかっているからもありますが。

基本娘には怒りません。怒る係はパパ。

 

お兄ちゃんとは真逆の性格。

お外で遊ぶのが大好き。

車から公園が見えると遊びたいと暴れます。

いったん公園に行くとなかなか帰りませし、

遊び方も大胆。

暴れ馬(馬年だけに)

お肉大好き!ポテト大好き!

お野菜はキノコと大根以外は口にしてくれなく、

母親泣かせです。

パパにそっくりなお顔に

頑固で気性が激しいところは私に似てしまったという

女の子。

 

この子はかなりの強運の持ち主で、

今まで何度も助けられています。

 

転職しようと考えていて、

内定を頂いた会社に本当に行くべきか迷った時、

妊娠が発覚!

辞めるはずだった会社に残ることになるような

出来事もあり、その会社で初の産休取得ということに。

 

妊娠中、車を運転していて、事故になった時も、

崖から落ちてもおかしくないような事故だったのですが、

ふわっと植え込みの木の上に乗る形で止まり、

かすり傷さえないという結果になったこともありました。

(この後、私の親からしこたま怒られる。。。)

 

この子を妊娠してから、

私の人生はがらっと好転し、

スーパーラッキーガールに助けれることも

しばしば!

人生観も大きく変わることとなりました。

 

今はまだ2歳ですが、

今後どのような子になるかがとても楽しみ!

自分で人生を切り拓いていく子に育ちそうです。

(親ばか丸出しですみません。。。)

 

それをそばで見届けることができることが

私の楽しみです。

 

 

 

大切な子供~お兄ちゃん

こんにちは!はなです!

 

冬休みになりましたね。

恐ろしいですね(>_<)

この長期の休みがとても怖い。

そう、お兄ちゃんのお昼ご飯。

いつも作るごはんのプラス1はかなりでかい。

 

私は働いていて、帰ってくるのが7時半頃になるので、

いつも朝に、朝ごはんと夜ごはん、あとは娘の簡単な昼ごはんを

作るのですが、ここにプラス1・・・

 

うん。負けません。頑張りましょう!!

 

今日は大好きな長男のことを書きたいなっと思います。

 

お兄ちゃんは温厚です。小さい頃からおとなしい子。

あんまり騒いだりしません。泣き叫んだりしたの聞いたこと

ないな。怒られたり、嫌なことがあったら、トイレにこもる(笑)

小さなころから、おとなしい子だったので、

車に乗せても、いつもちょこんとチャイルドシート

大人しく座っているし、

ご飯食べに行っても、歩き回ることもなく、

いすに座っていました。

お外で遊ぶよりも、うちの中で、ブロックやお絵かきするのが

大好きで、今もそれは変わりません。

今はゲームやタブレットばっかりやっていて、

いつも私に嫌味を言われてます(笑)

 

健康オタクの一面もあり、

健康にまつわるテレビ番組が大好き。

私に当てはまりそうなことがあると、

紙に書いて教えてくれました。

玄米が好き、豆乳が大好き、高野豆腐が大好き。

野菜をもぐもぐ食べます。

本当の草食男子。

 

おばあちゃんがひいちゃん(ひいおばあちゃん)が大好きで、

ひいちゃんが遠方に住んでいるので、

誰かがお見舞いに行くといえば、

必ずついていき、ひいちゃんの手を握りしめ、

声をかけたりしている子です。

 

私、ひいちゃんから怒られた記憶の方が大きくて

今でもちょっと怖い(笑)

 

こんなにも優男に育ってくれて、

本当にうれしい限りです。

 

彼がいなかったら、今の私はいなかった。

若くに出産し、本当に、本当にろくでもなかった母親に

いつも文句言わず寄り添ってくれた。

今もグレることなく、まっすぐ優しい子に育ってくれています。

(どうしよう。高校生になって突然グレたら(;´Д`))

もうそれだけで幸せ。

充分親孝行してもらった気分。

 

これから、あとわずかしか私のそばにいないと思うと

とても寂しい・・・・・

残りの時間を大切にしたい。

彼に伝えれることは僅かかもしれない。

けど、人間としてどう生きるべきかは

きちんと伝えていきたいな。

 

 

 

 

 

 

旦那さん。いつもありがとう


こんにちは!はなです。

 

旦那さんのことをちらっと書きたいと思います。

 

旦那さんは温厚な人です。

もう一緒になって、どれくれい経つのかな?

とにかく温厚な人です。

怒ることがない。

怒ったところは見たことがないです。

もちろんムスッとしていることはあります。

それも1年に一回あるかないか。

 

そんな彼と付き合うまでは、

私は本当に気性の荒い女でした。

今はおかげさまで落ち着きました。(年齢もありますが)

 

そんな彼は、あまり自分のことを話しません。

聞かないと話しません。

言いたくないことはさらっと流します。

だから私が知らないことが沢山あると思います。

付き合った当初は全部が知りたいと思い、

何度もチャレンジしましたが、

難しく断念しました。

無理に言わせたこともありましたが、

空気が悪くなりましたので、

もう聞かないことにしました。

大事なことだけ話してくれたらいいかなっと。

 

そしたら、少しは報告してくれるようになりましたが、

会社辞めるよって教えてくれました(笑)

えぇぇぇぇ~(;´Д`)

事後報告かぁ~い!!!!

 

そんなこともありました(笑)

 

そんな夫婦です。

周りの人は理解できないというけれど、

言っても仕方なし。これがお互いちょうどいい距離なのかもしれません。

 

そんな私も思ったらすぐ行動したいし、

自己啓発の思いが強いので、

それを妨げられることは許せません。

 

そして大好きな洋服を買うことに

口を出されては困ります。

私は私のしたいことの為に仕事を頑張ってると

いっても過言ではありません。(ダメ女発言。ダメ母親か)

 

だから何をしても

ブレーキをかけずに、

「いいんじゃない」と

かまわずほっといてくれるのがうれしい。

 

何か問題が起きても、

どんなに愚痴を言っても

「仕方ない。次だ」

とスパッと切ってくれるので、

わたしもなんなく次にいけます。

 

本当にいい妻ではないけれど、

何も言わず、見守ってくれている彼に感謝です(●´ω`●)


f:id:soramameohji:20161221182234j:image

私のコレクション



こんにちは!

お兄ちゃんが洗濯かごに中に、

上靴を入れていたことに気づかず、

洗濯してしまったはなです。。。

 

洗い終わった洗濯も取り出す時、

何か硬いものが。ん?

よく見るとお兄ちゃんの上靴。

もうそれを見つけた時のショックはもう。

 

お兄ちゃん、よくやるんですよねヽ(`Д´)ノプンプン

確認をせずに洗濯かごの中に入れるもんだから、

ティッシュとか、シャーペンとか、

この間はポケットから雑巾が出できた時は、

思わず、お兄ちゃんに投げつけました(笑)

 

温厚なお兄ちゃんなので、悪気なく、ぽ~と

しているので、

口酸っぱくいってもちっとも聞いてくれません。。。

 

そんな私は、この間、娘のおむつを洗濯して

しまい、洗濯物はもちろん、洗濯槽の隅々まで、

水分を吸ったゲルがこびりついていましたΣ(゚д゚lll)ガーン

 

親子ですね(笑)あまりせめないでおこう。

 

 

それはともかく、本日はうちにいるかわいこちゃんを

紹介したいと思います。

 

まずは、次男坊のこちら

 

 
f:id:soramameohji:20161220091141j:image

 

 

こちらが正式な長女かもしれないのですが、次女のかわいこちゃん♥

 
f:id:soramameohji:20161220091209j:image

次男と次女はラビットファーでできており、手触り抜群( *´艸`)

 

そしてハイカラな三男坊。

 
f:id:soramameohji:20161220091225j:image

最後にシンプルな姿が印象的な四男坊!


f:id:soramameohji:20161220091308j:image

大きさはこの子が一番大きい!bigger(●´ω`●)

 

なぜか鹿の置物に目がいってしまうんですよね~

かわいこちゃんを見つけては、こっそりと持ち帰っています。

 

だって、かわいくありませんか??

優しい目、雄々しい角、きれいな体のライン!

す・て・き(*´ω`*)

しかも、お部屋に置くといいアクセントになるんですよ。

そんでもって、邪魔をしないくらいの存在。

 

 

もっとたくさん集めたいと思っている

私のコレクションでした!

 

地震から8か月の続き

こんにちは!はなです!

 

 

 

今日は前回のブログの続きで、地震のことを書きたいなと思います。

書くことで自分の心の中に整理をしたいのです。今年も終わりますしね。

 

地震が収まり、家族が無事なのを確認し、安堵したのもつかの間、

震度3以上の余震が止まらず、あたりは真っ暗。

鳴りやまない携帯の警報アラーム。

「また来るかもしれない・・・」

 

とりあえず、周りに倒れるものがない、広い駐車場に

家族身を寄せて朝が来るのを待つことに。

朝が来るのがこんなにも長いとは思いませんでした。

 

余震に耐え続け、ようやく朝を迎えました。

あたりが明るいなったことで、被害状況が目に見え始めました。

地震は夢ではなかったんだな。

まさか熊本で地震があるなんて考えもしなかったな。

 

でも家族が無事だったので、すごく幸いでした。

夜中だったから、家族みんな自宅にいたし、

火を使っている家庭もほとんどなかったから、

まわりで火事もなかった。

何より、子供たちの記憶に怖いという

記憶やトラウマが少なくすんだことなど、

私たちはラッキーでした。

 

そして地震の直後だというのに、

周りの自治体の人達が炊き出しの実施。

これにはとても感動しました。

みんなで声かけあって、始められたそう。

みなさんも被害にあわれたはずなのに、

なんて素晴らしいんだろう。

 

頂いたごはんはとても温かく、おいしかったです。

 

そのあとも全国の方から物資が届いたり、

ボランティアの方が沢山来ていただいたり、

全国から熊本に温かいエネルギーが注ぎ込まれる

ようでした。

 

もちろん自治体の方や国や県の方々も

寝ずに対応される姿を見て、感動しました。

 

人は「助けられたい」という気持ちより、

「助けたい」という気持ちの方が強いのだと。

 

そんな私も、幼い子供がいなければ、

すぐさまボランティアに行きたい!!!!

と思っていました。

 

正直、国がここまでするのは当たり前だと思っている人、

色々していただいてるのにも関わらず、偉そうに文句を

いう人。

もらえるものはもらっておかなければ損だと、

片っ端から物資を持って帰ろうとする人。

大した被害でもないのに、罹災証明を発行しようと

する人。

私の周りにもいらっしゃいました。

こっちは被害うけてるんだと叫ぶ人さえいました。

 

人間の素敵なところと、

汚くて、欲張りなところ。

両方を真近で見ることになった私は、

人生をどうやって生きるべきかを

教えてもらい、

そして、子供たちに何を教えるべきなのか

改めて考えるきっかけとなりました。

 

人生の価値観が変わる大きな出来事。

 

私はこの出来事で、

より家族が大事だという事を実感し、

どう生きるべきかを得ることができました。

そして子供たちに伝えたいこともはっきりわかりました。

 

そして、この場を借りて、温かいご配慮をくださった方々に

心からお礼をしたいと思います。

本当にありがとうございました。

8か月たってもなお、温かいご支援が届いています。

恩返しできるよう日々努力して、懸命に生きていきます。

ありがとうございました!!!